マリンプロジェクトのPADIコース!
さぁ、あなたが目指すのはどのコースですか?

PRO COURSE

オープン・ウォーター

ライセンス取得

夢と冒険いっぱい魅惑の海へのパスポート!!

自由に世界中のダイビング・サイトで潜れる!
しかもプロの人がいなくても友達と一緒にダイビングできます。
水中散歩のすべてがここから始まる!いわば海へのパスポート♪最短3日間でOpen WaterのCカードが可能になります。
今まで体験したことのない海の世界があなたを待っています!!

[イメージ]

やることは大きく3つ

【クラスルームセクション】

PADIのマニュアルを使用して4~5時間クラスルームでインストラクターとダイビングの知識を学習します。
全5章に分かれた学科講習が終わったら最後に筆記テストに挑戦!

【プールセクション】

ご都合の宜しい日程を予めお教えて下さい。バンコク市内のプールに3時間~4時間程度スキルの練習をします。
スキルに自信がつくまでトコトンお付き合い致します。

【海洋セクション】

週末を使って2日間で4本ダイビングで認定!2日間連続でも、隔週でもOKです。
ご自分のスケジュールに合わせて行うことが可能です。

【認定】

ゴールドカードがあなたのもとに!!
そしてバディと一緒に最大18mまでダイビングが楽しめます

参加費用:14,000B

マニュアル・ログブック・4ボートダイビング・器材レンタル・認定料・昼食・ソフトドリンクが含まれます。

アドバンスド

アドバンスド・コース

海の中をもっと自由に楽しく快適に!

2日間で5種類のダイビングをします。
2つの必須ダイブと3本の選択ダイブ...興味のある分野やスキルアップしたい分野で選ぶのも良いかも。
基礎を学ぶオープン・ウォーター・コースに対してアドベンチャー・プログラムは遊びを学ぶコース!!様々なコンディションにおけるテクニックを身につけ、確実にステップアップができます。
基本のDEEP+NAVIは、もちろん重要なスキルであってダイビングを楽しむには必要不可欠な要素が含まれます。
さて、悩めるはそれ以外のアドベンチャーから一体どれを選べばいいでしょう...どれも面白そう!?

[イメージ]

【アドベンチャーダイブ】

  • ×高所ダイブ
  • ×ナイト・ダイブ
  • ●魚の見分け方
  • ●中性浮力
  • ◎ディープ・ダイブ
  • ○サーチ&リカバリー
  • ×水中スクーター
  • ○ナチュラリスト・ダイブ
  • ○ドリフト・ダイブ
  • ◎ナビゲーション・ダイブ
  • ×ドライスーツ・ダイブ
  • ●水中写真撮影
  • ○マルチレベル
  • ×水中ビデオ撮影
  • ●ボート・ダイブ
  • ●沈船ダイブ

  • ◎:必修ダイブ
  • ●:お奨めダイブ
  • ○:選択可能ダイブ
  • ×:選択不可ダイブ

参加費用:13,000B

マニュアル・5ボートダイビング・器材レンタル・認定料・昼食・ソフトドリンク・ダイビング保険が含まれます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス

EFRコース

ノンダイバーでも参加可能。突然のトラブルにあなたはなにかできますか?

完全ビジュアル教材・新教材及び、フルシステム活用!
最新のPADIコースで、緊急時の対応法を身につけるコースです。
更なるレベルアップをするにあたり、EFR資格はプロコースの参加条件になっています。

[イメージ]

コースでは、救急隊員や医師が使っているのと同じ緊急テクニックを素人レベルで使えるように練習するコースでダイバーでない方も参加できるコースです。
日常生活でイザと言う時に大変役に立つ知識 / 技術を身に付ける事が出来、人を助けまた、自分を助ける手助けとなり、習っておいて損は無いコースです。

【EFRって】

思わぬ怪我や突然の病気で苦しむ人を目にした時、ただの傍観者で終わってしまったら...
もしそれが大切な家族や掛替えのない友人だったら...
何もできない自分をきっと責めることでしょう。
いざというときにすぐに役立つ、適切な処理を施すノウハウがマスターできるのがこのコースです。
コースは、一次ケア(CPR)コースと二次ケア(ファースト・エイド)の2つに別れて一次ケアコースは、心肺停止、呼吸停止、ひどい出血の管理、ショックの管理脊髄の傷害の管理といった生命にかかわる問題に対して緊急ケアを実施できるように準備します。
二次ケアコースは、生命が一刻を争う危険な状態でない場合の、一般的なファースト・エイドの問題に対して緊急ケアを実施できるように準備します。

参加費用:5,000B

マニュアル・実習料・修了カードが含まれます。

レスキュー

レスキュー・コース

問題解決のスキルを身に付けてワンランク上の自信を!

万が一トラブルが発生した時、適切に判断し素早く行動するにはどうしたらよいか?
このコースでは、トラブルを未然に防ぐことにウエイトを置いて、いざと言うときに的確な対処ができるだけの知識とテクニックをマスターします。
ダイビングの安全性を確実に向上させるための実践的な講習内容になっています。
『安全に潜る』というのは我々ダイバーの永遠の願いとも言えます。

[イメージ]

【クラスルームセクション】

PADIのマニュアルを使用して4~5時間クラスルームでインストラクターとダイビングの知識を学習します。
全5章に分かれた学科講習が終わったら最後に筆記テストに挑戦!

【プールセクション】

ご都合の宜しい日程を予めお教えて下さい。バンコク市内のプールに3時間~4時間程度スキルの練習をします。スキルに自信がつくまでトコトンお付き合い致します。

【海洋セクション】

体の一部を負傷して1人では動けないが精神的には落ち着いているダイバーを救助する方法。
また、負傷しているうえにパニック状態、あるいは意識不明に陥っているダイバーへの対処の方法。
あるいは行方不明のダイバーをコンパスを駆使し、水面まで引き上げて救助する方法。
軽いスリ傷程度のものから生死にかかわるトラブルまでいざと言うときに役立つ適切な処理方法をシュミレーションスタイルでマスターしていきます。
救急車や医師への通報手順から 負傷者を引き渡すまでの応急処理やビーチなどに集まったヤジウマの整理の仕方なども併せて習います。
自分の事だけでなく、他のダイバーの安全を守りダイビング全般に対する認識を深めることのできる実践的なコースとなっています。

参加費用:13,000B

マニュアル・5ボートダイビング・器材レンタル・認定料・昼食・ソフトドリンクが含まれます。

スペシャリティ

スペシャリティ・コース

自分の『好き』を極めるスキルに磨きをかける!
目指すはアマチュア最高峰!

たとえば念願のCカードをゲットして、勇んでツアーに参加してみたものの、実はみんなについて行くのがやっと。
とても浮遊感を満喫したりフィッシュウォッチングにうつつを抜かすどころじゃない。
自分の力不足を知って落ち込んでしまうダイバーの方。
一方ダイブ本数を重ねるうちに、海の中での自分に少し余裕がもてるようにはなったけど結局はみんなのあとをついていくだけのファンダイブ。。。
これと言って何がしたいというわけではないけど、何となく物足りなさを覚えるようになってきた、というダイバーの方。
そんなダイバーの方にマリンプロジェクトは各種スペシャリティをご用意しています。

[イメージ]

【アドベンチャーダイブ】

  • ×高所ダイブ
  • ◎ナイト・ダイブ(クルーズ等ツアー時に限ります)
  • ◎魚の見分け方
  • ◎中性浮力
  • ◎ディープ・ダイブ
  • ◎サーチ&リカバリー
  • ◎アンダーウォーターナチュラリスト
  • ◎エンリッチドエアー・ダイブ
  • ◎ドリフト・ダイブ
  • ◎ナビゲーション・ダイブ
  • ×ドライスーツ・ダイブ
  • ◎水中デジカメ
  • ×マルチレベル
  • ◎水中ビデオ撮影
  • ◎ボート・ダイブ
  • ◎沈船ダイブ

  • ◎:取得可能なコース
  • ×:取得不可コース

参加費用:1ダイブ 1,000B×トレーニング本数
※スペシャリティーにより異なります
認定料 2,600B

講習費には、スペシャリティ講習費、スペシャリティ用器材(エンリッチドエアタンク等)が含まれます。
別途、ダイビング費用、レンタル器材代(必要時)が必要となります。

マスター・スクーバ

マスター・スクーバ

アマチュアのトップを目指す遊びのスペシャリストになる!

レスキューダイバー以上の認定ランクを持っていてさらに5つ以上のスペシャリティ・コースの認定を受けたダイバーだけに贈られる名誉ある称号、それがMSD(マスター・スクーバ・ダイバー)です。
MSDの認定を受けるには最低50ダイブ以上の経験が必要となります。
つまり豊富なダイビング経験と安全にダイビングができる確かな知識と充分なテクニックを持ち、さらに様々な遊びのノウハウを知っている『遊びのエキスパート』MSDはいち目置かれるレジャーダイバーの最高のステイタスなのです。

[イメージ]

ダイブマスター

ダイブマスター

ダイビングにおけるリーダーシップを身につけよう!

マリンプロジェクトで、プロになる!ダイビングのプロってなんだろう...海の隣接するリゾートショップでガイドをして働きたい、あるいはインストラクターのアシスタントとして指導的なポジションに就きたい方のためのプロダイバー養成の入門コースでありまたはインストラクターになるための基礎的なコースでもあります。

バンコク店では、週末を利用して長期コースにしています。内容は学ぶこといっぱい。

[イメージ]

【ダイビング雑学講習】

マニュアルをお渡しします。お好きな時間に見て頂き、知識を深めてください。
すべてが終わりましたら、ご都合の宜しい日にショップにて答え合わせをします。
ダイビングのプロとはなんだろう...物理・生理・器材・減圧理論・一般スキルなど...さらにはビジネス的な観点にたってグループや組織をマネージメントするノウハウを勉強します。

【プロとしてのカッコ良さトレーニング】

セーフティー・ダイビングを自ら実践し指導する立場に身を置く者として一般レジャーダイバーより高いレベルの体力・泳力を備えていることが求められます。
400mスイミング・800mスノーケリング・15分間立泳ぎ・100m疲労ダイバー曳航・20スキルデモストレーション・レスキュー評価など。

【水中案内人養成】

インストラクターのアシスタントとして受講生を側面からコントロールする方法やダイビング中に起こったトラブルを堅実に処理する高いレスキュー能力も必要となってきます。
そして、その他にも水中マップ作成・ガイド講習などが用意されています。

【海の達人】

すべてが達成するとプロの道へ辿り着きます!
これからは、あなたが多くのダイバーへ海の素晴らしさや楽しみ方を伝える番です。

参加費用:40,000B 最大40本のボートダイビングが含まれます。

必須教材:ダイブマスターコースマニュアル PADIインストラクターマニュアル
※教材費・ダイビング器材は、別になります。(エンサイクロペディア・ナレッジワークブック・eRDPなど)
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

インストラクター

インストラクター

指導者としての自覚と責任を極める

[イメージ]

AI 『アシスタントインストラクター』

ダイブマスターコースでは、メンタル&フィジカルの両面からセーフティー・ダイビングの指導者として、また管理能力を備えたダイビングのプロとしてのベー スをしっかり培います。
このコースは、『講習の現場』との接点をより多く、長く身を置くことで文字どおりインストラクターの助手をして、多面的で実践的なトレーニングを数多く積んでいきます。
ダイビングの経験が豊富であることと第三者にダイビングを教えることは、全く別モノであることを実感するのもこのコースです。
このコースに参加することでインストラクターになるための次のステップOWSIプログラム参加のための準備に万全を期すことができます。

OWSI 『OWSIプログラム』

インストラクターになるためにの次なるステップとして用意されているのがOWSIプログラムです。
4日以上にわたって開催されるOWSIプログラムの内容は実に多岐にわたっていてダイビング業界の構造とマーケットの動向を大局的に把握することから始まり全プログラムの基準の確認、各々の指導要領、運営手順を詳細に取得していきます。
そしてオープンウォーター・ダイバー・コースを実際にインストラクションすることを想定して知識開発、限定水域、海洋実習についてそれぞれプレゼンテーションが課せられ効果的にインストラクションするテクニックを学びます。
また、更には継続教育コースの教え方お客様への効果的なアプローチ方法...項目は現役教員が目を見張るほど充実しており今後のいかなるプレゼンテーションやコースにもきっと役立つでしょう。

IE 『インストラクター試験』

インストラクターになるための最終総合評価となるのがIEです。
実施期間が3日間。IDCで身につけた能力、スキル、知識をPADIの試験官に評価してもらいます。
ダイビング全般にわたる水中でのトラブル対応や総合評価それらすべてをクリアした人だけがPADIのインストラクターとしての承認を受けることができます。

参加費用・教材費は、お問い合わせ下さい。